見て楽しい!作って楽しい!

~一緒に手作りをして、こどもの成長を実感しよう~

5月5日の「こどもの日」は、こどもの成長を願う日。
手作りを通じて、こどもの成長に喜びを。

「こどもの日」は、こどもの成長を願う日

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」
こどもの成長を祝い、お母さんへの感謝する日として定められました。
こどもが一番成長したと感じるのは、「新しいことをした」時ではないでしょうか。
「今まではできなかったことが今年はできた!」「次はこんなことをしようね♪」「来年はどんなことができるかな?」
一緒に手作りを楽しみながら、お子様の成長を実感しましょう。


なぜ5月5日がこどもの日に?

5月5日は端午の節句と呼ばれ、中国から伝わった風習をもとに奈良時代から続く古い行事です。
もともとは病気や災厄を避けるための行事が変化していき、男の子の健やかな成長を願う行事として親しまれるようになりました。
1948年、祝日法で日を定める際、こどもの日を5月5日を希望する声が多かったため、5月5日がこどもの日となりました。


~新着レシピ~
鯉のぼりロールケーキ

こどもの日にぴったりな新レシピ!
米粉で作るロールケーキの生地作りセットが登場しました。
お子様と一緒に鯉のぼりロールケーキ作りをお楽しみください♪

大好きなフルーツをたっぷりと♪

鯉のぼりロールケーキ

色とりどりのフルーツを飾った、可愛らしいこいのぼりのロールケーキです。ぜひ、親子で「子どもの日」に作ってお楽しみください。
たっぷりのフルーツを使って、華やかで可愛らしい見た目の、美味しいロールケーキ作りをお楽しみくださいませ。

Recipe »


材料を一緒に混ぜよう

型への流し込みに挑戦

一緒に生地を巻いてみよう

仕上げは大好きなフルーツをたっぷりと

レシピ付き!ロールケーキ手作りセット

米粉のロールケーキ生地作りセット

米粉で作るロールケーキ生地作りに必要な材料と型を、お得なセットにしました。かわいらしい鯉のぼりロールケーキのレシピ付きです。
基本の材料と型のみのシンプルな生地作り用セットなので、お好みのフルーツやクリームを使って、自由にデコレーションすることができます。

商品ページ


こどもの日レシピ

ママパンおすすめの見た目もかわいいレシピをご紹介。
冷凍パン生地を使ったものからお粉から作る本格的なものまで!
お子様と一緒に手作りを楽しんでいただけます。

冷凍パン生地で作る動物パン

食パンミックスを使ったアレンジレシピ

楽しく作るこどもパン

楽しく成形しておいしく食べるかわいいパンを、お子様と一緒に作りませんか?

お子さま喜ぶ、チョコバナナ食パン

ホームベーカリーのアレンジレシピなので、お手軽にお楽しみいただけます。

本格的!粉から作るお菓子パン

くじらの3Dちぎりパン

カシューナッツの潮を吹いたくじらさんが、青い海の生地の上に乗った立体のちぎりパンです。

メロンパン(魚)

お魚の形をしたメロンパンです。色素を使うことで、色とりどりのお魚に変身します。

メロンパン(ワンパクキッズ)

お子様に大人気のかわいいメロンパンです。リボンを付けたり、ドレッドヘアーにしたり!

お菓子のオススメ!

エンゼルオレンジ

オレンジを使った華やかなゼリーです。

白桃のタルト

上品な甘さの瑞々しい白桃を贅沢に使ったタルトです。

フレッシュフルーツの贅沢タルト

季節のフレッシュフルーツを使ったタルトはとても華やかです。

パンケーキミックスでつくる、ころころドーナッツ

ころころとしたフォルムがとってもかわいい、ミニサイズのドーナッツです。


端午の節句

こどもの日は端午の節句でもあります。
おすすめの柏餅レシピやかわいいアイテムをご紹介!

端午の節句定番の和菓子

柏餅

柏餅は5月5日の端午の節句に食べることでおなじみの和菓子です。火を使わないので、お子様と一緒にお作りいただけます。
新芽が育つまでは古い葉が落ちないという、柏の葉の縁起の良さから「子孫繁栄、家系が途切れないように」と、子どもの健やかな成長を願う意味が込められていると言われています。

Recipe »


おすすめアイテムはこちら!

キャンドル
桃太郎 日本一

かわいくもキリっとした表情が印象的な桃太郎のキャンドルです。こどもの日のお祝いにケーキなどのデコレーションにお使いいただくと、お子様も大喜びです。

商品ページ

キャンドル
かぶとキャンドル ブラック

力強く勇ましい、黒い兜の形のキャンドルです。大変存在感があるため、ケーキなどのデコレーションにお使いいただくのはもちろん、そのまま飾るだけでも、こどもの日らしさを演出することができます。

商品ページ

手作り和菓子教室
柏もち 山眞 8個分

素材にこだわった本格派の材料をセットにしました。約8個分の柏もちが出来上がります。イラスト入りの分かりやすいレシピカードが入っているので、誰でも簡単に作ることができます。

商品ページ

こどもの日/端午の節句豆知識

ちょっと人に言いたくなる…!?
こどもの日・端午の節句にまつわる豆知識をご紹介します。

「端午」とは「月の端(はじめ)の午(うま)の日」という意味で、五月だけを表したものではありませんでしたが、牛(ご)と五(ご)の音が同じこと、「五」が重なる五月五日がいつしか「端午の節句」と呼ばれるようになりました。
中国では月と日の重なる日にお祝いをする習慣があり、五月五日に邪気を払う力があるといわれてる菖蒲の花を飾っていたといいます。
「端午の節句」は奈良時代に日本に伝わり、時代を経て、今の「こどもの日」になりました。
奈良・平安時代の端午の節句は災厄を避ける重要な行事でした。
季節の変わり目でもあった五月は「毒月」や「悪日」と呼ばれ、昔から病気にかかりやすく、亡くなる人が多かったため、薬草や厄除けの菖蒲の葉を軒に吊るして邪気を払い、無病息災を祈ったといわれています。
また、病や災いをもたらすとされる悪い鬼を退治するため、弓を射る儀式も行われていたそうです。
元は災厄を払う儀式であった「端午の節句」が男の子の日になったのは鎌倉時代以降で、武家社会が成立した時代です。
五月に咲く菖蒲の花が「尚武(武を重んじること)」や「勝負」とおなじ「しょうぶ」と読むこと、また、菖蒲の葉が刀に似ていることから、男の子が健やかな成長を願う、男の子の節句として考えられるようになりました。
こいのぼりを揚げるようになったのは江戸時代頃からといわれています。
中国に伝わる登竜門の伝説「鯉は登竜門を登り切って霊力が宿り龍となった」から、鯉は立身出世の象徴、龍は皇帝の象徴で、縁起の良いものとされていました。
日本では将軍に男児が生まれると家紋のついた旗やのぼりを立てて祝う風習があり、それが庶民にも広がって立身出世のシンボルである鯉をのぼりにしたとされています。
五色からなる吹き流しは魔除けのためにつけられているとされています。
中国の「陰陽五行説」に由来のもので、この世のすべては水・金・地・火・木から成り、影響しあい変化と循環を繰り返しているという思想です。
吹き流しの青・赤・黄・白・黒が各属性を表し、この五色が揃うと厄を払う強い威力を発揮するといわれています。
古代中国から伝えられて以来日本の文化にも深く根付いており、この五行の意味を成す色は寺社仏閣でも見かけることができます。
武家社会から生まれた風習で、鎧や兜を神社に奉納して身の安全を祈願したことに由来しています。
鎧や兜は武将にとっては己の身を守る大切な道具であり、男の子の安全と成長を祈願して座敷に飾ったとされています。
(虫干しを兼ねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、幟を玄関に飾って家長がこどもたちに訓示を垂れたともされています。)
江戸時代になると庶民の間でも紙や布に兜を描いたものを飾る風習が広がっていき、中期以降から人形が飾られるようになったとされています。
「ちまき」は平安時代に中国から伝わりました。
古来中国に王の側近として仕え、民からも大変慕われていたある詩人が、陰謀により国を追われてしまい、五月五日に川に身を投げてしまいました。それを悲しんだ民は、川に沈んだ彼が魚に食べられてしまわないよう、ちまきを川に投げ入れたといいます。

これが由来となり、ちまきには邪気払い、厄払いの力があるとされるようになり、五月五日にちまきを作って災いを避ける風習ができたとされています。
それが端午の節句と共に日本にも伝わり、「無病息災」と、子供の成長を祈って食べるようになりました。
当時の都があった関西を中心に根付き、西日本へ広がったとされています。
江戸時代頃、日本で生まれた文化です。
柏は冬になっても葉をつけたまま、新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。そのため、後継ぎができるまで葉を落とさない縁起の良い木とされ、神事に欠かせない餅を柏の葉に包んで食べるようになりました。
家の存続を大切に考える武家が多い関東を中心に東日本へ広がったとされています。

ちなみに、柏の木の生育の関係で関西方面では柏餅を食べる習慣はあまり広がらなかったようです。『柏餅』という名称ですが、柏の葉が関西では手に入りにくい理由から違う葉を使うこともあり、柏の葉も関西と関東で違うことがあるらしいです。