● 2015年9月17日佐藤農場レポート

2014年にテレビで紹介された小麦粉品種の「ホクシン」。当時TVの取材に同行していたママパン責任者の杉江は、その後がとても気になり、小麦が収穫される時期を狙って現地の佐藤農場さんを訪ねてみました。

つづきはこちら>>

 

● 2015年8月21日ハルユタカ圃場レポート

ママパン責任者の杉江が江別市でハルユタカを生産されている株式会社喜楽里さんの圃場を訪れました。喜楽里さんは、小麦の他にもトウモロコシやアスパラなど北海道を代表する農産物を生産されている会社です。 中でもハルユタカの栽培には、この小麦をこよなく愛する「富永さん」がご担当されています。 今回は富永さんの案内で、ハルユタカ圃場見学しました。

つづきはこちら>>

 

● 2008年9月17日アメリカ訪問-レーズン農園とパッカー工場の見学レポート

サンフランシスコとロサンゼルスの間に位置する、カリフォリニア州サン・ボアキン・ヴァレーがレーズンの生産地です。四国の1.6倍に相当するこの広大な渓谷の中心に Fresnoがあり、およそ150平方マイルのぶどう農園が存在します。現在、この地域で生産されたレーズンは世界の50%、日本においては90%を担っています。今回は、レーズン農園と、パッキングを行う「グラサーズレーズン パッキング社」に訪問しました。

つづきはこちら>>

 

● 2008年9月18日アメリカ訪問-アーモンド農園と工場の見学レポート

アーモンドの原産は、中央アジア、並びに南西アジアになります。砂漠や低い山々で栽培されたのが始まりとされています。聖書に載っている唯一のナッツ類がアーモンドとピスタチオで、ツタンカーメンの墓には、一掴みのアーモンドが一緒に埋葬されたそうです。カリフォルニアでは、ゴールドラッシュ以降に農業の発達とともに栽培が拡大されました。今でもアーモンドの栽培面積は年々増え続け、世界のアーモンド市場の約80%を担っています。カリフォルニアには、6000件以上のアーモンド生産者と105の加工団体があります。 その中でも、自社農園と加工工場を持つキャンポスブラザーズ社にお伺いしました。

つづきはこちら>>

 

● 2008年9月19日アメリカ訪問-クルミ農場見学レポート

カリフォルニア州の中央に位置するセントラルバレーを中心に北から南まで幅広い地域がクルミの栽培地になります。クルミ畑は、8万ha以上でクルミの木は約850万本も栽培されています。クルミはフランシスコ会の神父たちによって1770年ごろカリフォルニアにもたらされました。豊かな水質源と適した気候がこの地のクルミ産業を大きくし、現在では輸出向けクルミの45%を担っています。また、日本において90%近くがカリフォルニアのクルミです。 今回、サクラメントよりも北に位置するクレイン・ウォルナット・シェリング社とこの会社が経営する自社農園にお伺いし、クルミの収穫から生産工程までの見学をさせて頂きました。

つづきはこちら>>

 
おすすめレシピ
  • 赤ちゃん番茶のわらび餅
  • 白桃のタルト
  • カリウムたっぷり夏グラノーラ
  • サーモンとキヌアのカルパッチョ
  • お手軽ニョッキのイタリアンサラダ

ママパンでは、高度なSSL技術により、お客様の個人情報やご注文を暗号化し送信いたしますので、ご安心してご利用ください。