表面は少し焦げるくらいパリッとカリッと、中はふんわり、もっちりとした食感が楽しめる生地です。熱いうちに食べきるのがナポリ流?!
熱々でカリッとおいしい、味と食感にこだわった薄生地です。
一度食べたらやみつきに!
ふんわり厚みをもたせた生地が特徴のピザです。しっかりボリュームのある食べ応えです。


基本的に強力粉であれば、どんなお粉でもお作りいただけますが、 専用粉を用いると、よりおいしくお作りいただけます。
ナポリ生地とアメリカン生地には、【イタリアン専用小麦粉のルスティカ】が、 クリスピー生地には、【アルチェネロピッツァ用粉】がオススメです。
また、お使いいただくイーストもピザ用イーストをご使用いただくと、 生地伸びが良く扱いやすくなりますので、ぜひご利用ください。

_鯏 → ∪形 → トッピング → ぞ得

外側はカリッと、内側はもちっとした、本格的なナポリピザがおうちで作れます。
お好みの大きさ、厚さにすることが出来ます。

_鯏 → トッピング → ぞ得

ふとピザが食べたくなった時、いつでも好きな具材をのせて焼くだけでOK。
もちもちの食感、生地のおいしさは一度食べたらやみつきです。


トマトソース
・バジル
チーズ
トマトソース
・シーフードミックス
チーズ

・クリームチーズ (クリームチーズ+にんにくみじん切り+ 黒コショウ)
オリーブオイル
・ルッコラ
・プチトマト
生ハム
粉チーズ

・クリームチーズ (クリームチーズ砂糖
オレンジセグメント
・コアントロー(オレンジリキュール)

ピザをおいしく焼き上げるためには、高温で短時間に焼き上げることがポイントです。 本場イタリアのピザ釜は、400〜500℃まで温度が上がり、約1分ほどで焼きあがるそうです。 こうすることで、外はカリッと中はもちもちの最高の仕上がりになります。
ただ、家庭用オーブンではそこまでの高温が出ないのですが、出来る限り高温で焼き上げるようにしてください。 また、焦げないように焼き具合を確認しながら、途中で生地の向きを変えるなどして、
均等に焼きあがるようにしましょう。

具材をたくさんのせると、生地に火が通りにくくなるため、長時間焼く必要があります。
ただ、生地が薄い場合、長時間焼くと生地が固くなってしまうことがありますので、具材をたくさんのせる場合は、生地を厚めにして、ふっくらとした焼き上がりになるように
したほうがいいでしょう。
ピザストーンはピザから出る余分な水分や油分を吸収してくれるので、裏面がパリッと焼き上がります。 充分に予熱してからお使いください。
通常、チーズは一番最後にトッピングしますが、あえて具材の下にトッピングすることで、見栄えの良いピザを作ることが出来ます。 特に野菜をたっぷりとトッピングするような色鮮やかなピザは、チーズを先にトッピングしたほうがきれいに見えます。

強力1200W遠赤外線ヒーターで外はカリッと中はもちっとしたピザを焼くことが出来ます。
・直径23cmのピザを焼くことが出来ます。
・ピザストーン他、付属品が充実!まさに
ピザ作りにもってこいです!


おすすめレシピ
  • ワンローフ食パンで作るBLTサンド
  • グレープフルーツデニッシュ
  • 宇治抹茶とくるみの求肥餅
  • お手軽ニョッキのイタリアンサラダ
  • キヌアと豆腐のヘルシーラザニア

ママパンでは、高度なSSL技術により、お客様の個人情報やご注文を暗号化し送信いたしますので、ご安心してご利用ください。