キヌアとグラノーラのチョコバー 

公開日:2016.01.26  投稿者:ママパンオリジナル
難易度:   :1時間
炒ったキヌアをグラノーラと合わせてチョコバーに仕上げました。サクサクした食感で食べやすく、お子様はもちろん、大人の方のおやつにもぴったりです。
手でころころと丸めてチョコレートコーティングをすると、型を使わずお手軽に作っていただけます。

※チョコレートは材料にある分量以外にも、コーティング用に使用します。500g以上あると、作業がしやすくなります。

このレシピのポイント!

キヌアはスーパーフードとして注目されており、良質なたんぱく質や食物繊維をはじめとし、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。また、低GI食品としても注目されています。
素材の味を邪魔しないので、ご飯やサラダ、スープにはもちろん、パンやお菓子などにも幅広くお使いいただけます。

キヌアとグラノーラのチョコバー : できたよ!レポート

レシピで料理を作ってレポートしよう!

  材料 14本分  分量 
  【グラノーラバー】  
クーベルチュール ビター 150g  
グラノーラ(ベリー) 100g  
キヌア(炒ったもの) 50g  
     
  【デコレーション】  
  クーベルチュール ビター 適量  
  キヌア(炒ったもの) 適量  
  いちごフリーズドライ 適量  
     
  【道具】  
温度計  
     
  【型】  
  千代田Sラフト(スティックフィナンシェ)  

作り方

下準備 キヌアを軽く洗い、フライパンで炒ります。
きつね色になれば火からおろします。



型に敷紙を敷いておきます。
1.チョコレートのテンパリング コーティングにも使用しますので、材料にある分量より多めのチョコレートで行ってください。
500g以上のチョコレートだと作業しやすく、失敗しにくくなります。

【ノワール・セレクシオンの場合】
チョコレートを湯煎にあてながら溶かします。
温度計で測りながら、50℃になるように調整してください。
ゴムベラで静かに全体をかき混ぜながら作業を行います。
完全に溶けたら、湯煎を冷水に変えて、チョコレートの温度を28℃にします。
温度が下がったら、冷水をぬるめの湯煎に変え、チョコレートの温度を31℃まで上げます。
2.グラノーラバー グラノーラの大きな塊は砕いて、炒っておいたキヌアと合わせます。



テンパリングをしたチョコレートを計量し、手早く全体と混ぜます。



チョコレートが固まらないうちに、敷き紙を敷いた型に詰めます。



冷蔵庫で冷やし固め、チョコレートを表面にのばします。

3.デコレーション 表面が固まったら、型から抜き、はみ出た余分なチョコレートをカットし、形を整えます。



バーを半分にカットして、テンパリングしたチョコレートにくぐらせます。



炒ったキヌアといちごのフリーズドライを飾り、冷やし固めます。
お好みでロースト済みのナッツなどをデコレーションすると、華やかに仕上がります。

備考

所要時間:1時間(キヌアを炒る時間、冷やし固める時間を除く)

レシピ作成者:Takahashi、photo:Sawai
あなたもレシピを投稿しませんか? レシピ投稿
お気に入りに追加 印刷する

お菓子の人気レシピ


[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間
おすすめレシピ
  • ルスティカを使ったピザ
  • きのこたっぷりファルファッレのグラタン
  • フランスパン
  • クリスマスパンケーキ
  • クリスマスのシフォンケーキ

ママパンでは、高度なSSL技術により、お客様の個人情報やご注文を暗号化し送信いたしますので、ご安心してご利用ください。