"サフ"のイーストを徹底比較

世界的に評価されプロも愛用する、"サフ"のイースト。
そんなサフのイーストをうまく使い分けて、ワンランク上のパンを作りませんか?

イーストの世界的なリーディングカンパニー、ルサッフル社。

創業150年以上の歴史を持つ世界最大のイーストメーカーであるルサッフル社。 長年の歴史の中で培ったノウハウを生かし、これまで製パン業界の多くのスタンダードを生み出してきました。
ベーキングセンターといわれる研究開発部門を世界各国に設置し、ローカルユーザーの声を製品づくりに反映させています。ユーザーの要望に耳を傾けると同時にユーザーに対してあらゆる提案を行うのも大事なこと。こうしたユーザーとの対話を大切にする姿勢が大きく評価されています。


"サフ"のイースト徹底比較

インスタントドライイースト
 

生地タイプ リーン(低糖生地用) リッチ(多糖生地用) リーン(低糖生地用)
糖配合(対粉) 12%まで 5%以上 12%まで
おすすめの用途 フランスパン、食パン 食パン、菓子パン、バターロール フランスパン、食パン
予備発酵 × × ×
予備発酵は必要ありません。粉とよく混ぜてお使いください。
HB使用
HB自動投入
冷水耐性
冷水(15℃以下)を使用すると発酵力が弱まる場合があります。 直接冷水に触れないようにご注意ください。
パン生地の冷凍耐性
生地を冷凍されてから2~3日を目安に使い切ってください。(※1)
ビタミンC ×
ビタミンCはパン生地のグルテン構造を強化する作用がありますので、ビタミンCが入っている方が、 安定したボリュームのパンを作れます。また、ビタミンCが含まれるイーストは、グルテンが強くなるため、 しっかりとした食感に感じられる傾向がございます。
保管方法 開封口を密閉し、湿気を避け冷蔵庫にて保管。開封度一か月以内にお使いください。

  
  ドライイースト セミドライイースト
 

生地タイプ リーン(低糖生地用) リーン(低糖生地用) リッチ(多糖生地用)
糖配合(対粉) 12%まで 5%まで 5%以上
おすすめの用途 フランスパン、食パン フランスパン、食パン 食パン、菓子パン、バターロール
予備発酵 × ×
予備発酵の手順は、商品ページをご覧ください。 予備発酵は必要ありません。粉とよく混ぜてお使いください。
HB使用 ×
HB自動投入 × 投入口に残る場合があります。
冷水耐性
冷水(15℃以下)を使用すると発酵力が弱まる場合があります。 直接冷水に触れないようにご注意ください。 冷水でもご使用いただけます。
パン生地の冷凍耐性 ×
冷凍耐性が低いため、おすすめできません。 生地を冷凍されてから1週間を目安に使い切ってください。(※1)
ビタミンC × × ×
ビタミンCはパン生地のグルテン構造を強化する作用がありますので、ビタミンCが入っている方が、 安定したボリュームのパンを作れます。また、ビタミンCが含まれるイーストは、グルテンが強くなるため、 しっかりとした食感に感じられる傾向がございます。
保管方法 常温で保管いただき、開封後2週間以内にお使いください。 冷凍庫にて保管の上、開封後はできるだけ早くご使用ください。
(※1)
業務用冷凍庫を使用した場合の保存日数になります。
お作りいただく生地のレシピや製パン工程・冷凍庫の保存環境に左右されますので、 あくまでも目安としてお考えください。
また、環境によって目安期間より短くなる可能性もございます。

「赤」と「金」の使い分け

」タイプは、低糖性。

」タイプは、耐糖性。

どんなパンが作れるの?

※お手数ですが拡大してご確認ください。


「セミドライ」でパン作りがもっと充実!


グルテンとは?

セミドライイーストは…

  • 水分がドライイーストと生イーストの中間量で、パフォーマンスに優れ、非常に使いやすいイーストです。
  • 優れた安定性と高い発酵力を誇ります。
  • 冷凍状態でも解凍なしで、インスタント同様、直接粉に混ぜて使えます。
  • 長期保存が可能
  • イースト臭が少なく、心地よいパンの香りが楽しめる仕上がりに。
  • 均一で明るいクラストを実現出来ます。

使いやすくて、保存性に優れ、美味しいパンが作れる…それがセミドライイースト。
あなたもセミドライイーストを使ったパン作りにトライしてみませんか?