独特の歯ごたえ!ベーグル(プレーン) 

公開日:2008.08.04  投稿者:ママパンオリジナル

パンの発祥にはいくつかの説がありますが、最近ではニューヨークのユダヤ人によって作られたという説が有名です。
ベーグルは、サンドイッチに、あるいは甘いおやつに・・・とヴァリエーションが豊富です。
このパンの特徴は、焼成前にボイルする工程にあります。生地を茹でることで、独特の歯ごたえが生まれます。



独特の歯ごたえ!ベーグル(プレーン) : できたよ!レポート 3件

キタノカオリで。こんがりつやつやにできました。
会員様
2017.01.31
6
もちもちで美味しかったです! 茹ですぎたかな? シワが出来ちゃった!
ゆきみ95様
2015.09.15
4
モッチモチのベーグルが焼けました♪
Monozukin様
2014.02.28
8
レシピで料理を作ってレポートしよう!

  材料 (材料 6個分)  分量 
カメリヤ(強力粉) 300g  
インスタントドライイースト金 3g  
4g  
砂糖 30g  
  全卵 45g  
  150g  
  サラダ油 15g  
ユーロモルト 大さじ1  

作り方

計量・下準備 すべての材料を計量します。
強力粉、油脂は、室温に戻しておきます。
ミキシング
サラダ油とユーロモルト以外の材料を入れて、ニーダーで20分間捏ねます。


全体的に生地がまとまってきたら、サラダ油を入れます。
捏ね始めてから5分を目安にして下さい。)
※捏ね上げ温度が27℃ぐらいになるように材料の温度を調整しましょう。
夏場など室温が高いとき(28℃以上)は、パンの出来上がりが悪くなるので、
必ず冷水(約5℃)を使い、粉などの材料も冷しておきます。
※冷水は、あらかじめ冷蔵庫で冷した水に氷を入れると手軽に5℃以下に出来ます。
また、冬場など室温が低い(約10℃以下)ときは、ぬるま湯(約30℃)をお使いください。
グルテンチェック
捏ね上がったら、”グルテンチェック”を行います。
写真のように生地をゆっくり引き延ばして、
生地が薄い膜状に伸びればOK!
発酵
離型油やショートニングをぬったボウルに、
表面をキレイに丸めた生地を入れ1次発酵をします。
温度32℃、湿度75%で50〜60分間

生地の大きさが、約2〜2.5倍になれば発酵完了です。
フィンガーチェック
フィンガーチェック”を行い発酵状態を確認しましょう。
指を生地に差し込んで、ゆっくり抜きます。
跡がしっかり残れば発酵完了です)
分割・丸め
生地を、6個に分割します。分割した生地は、
表面がキレイになるように丸めます。
ベンチタイム 丸めた生地は、パンマットなどを利用して15分間ほど休ませて、”ベンチタイム”をとります。
成形
手のひらで生地を軽く押さえて平らにします。

手前の生地3分の1を中央にむけて折り曲げた後、
奥の生地を手前に折り曲げます。

更に半分に生地を折り曲げ、とじ目をしっかりと摘みます。

生地を25cmぐらいの長さになるように伸ばします。

伸ばし終えたら、手のハラで片方を平らにし、反対側を細長く成型します。

細いほうを包み込ように両端をつなげます。
とじ目は底になるように調整します。
最終発酵
シリコン加工紙に成型した生地をのせて二次発酵をします。
温度34〜36℃、湿度75%の発酵室で約40分間を目安にしてください。
焼成前準備
二次発酵が完了したら、ユーロモルトを溶かした沸騰湯に生地を入れて茹でます。
ユーロモルトの分量は、2Lに対して大さじ1

生地は、片面30秒を目安に茹でましょう。
焼成
250℃に予熱した電気オーブンを200℃に設定し、
約15〜18分焼成します。

出来上がり!
あなたもレシピを投稿しませんか? レシピ投稿
お気に入りに追加 印刷する

パンの人気レシピ


[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上
難易度:
:3時間以上
おすすめレシピ
  • 基本のシュトーレン
  • きのこたっぷりファルファッレのグラタン
  • チーズブレッド(フロマージュ)
  • レモンケーキ
  • さつまいもとりんごのフラワーパン

ママパンでは、高度なSSL技術により、お客様の個人情報やご注文を暗号化し送信いたしますので、ご安心してご利用ください。