暑い夏から秋へバトンタッチする9月。
暦の上では、8日頃に秋の気配が見え始める「白露」を迎え、23日の「秋分の日」を過ぎると夜も長くなり、深まる秋を感じるようになります。
過ごしやすい季節の到来とともに、「食欲の秋」が本格的に到来。食べるものも作るのも楽しい季節です。
ママパンでは、獲れたて・挽きたての新麦とともに、秋を代表する「いも・くり・かぼちゃ」などの旬の食材とおいしくいただくレシピをご紹介します。秋の味覚をぜひお楽しみください。

秋の“旬”をまるごと楽しむ

レシピ
今の時期しか手に入らない獲れたて、挽きたての新麦ゆめあかりに、3種の秋の味覚を混ぜ込んだ秋らしさ満載のミニバゲットです。
少しずつ異なる味わいをお楽しみいただけるように、芋とくるみ、栗とアプリコット、かぼちゃとレーズンといった相性の良いペアリングを混ぜ込み小さく焼きあげています。
また、フレッシュな新麦の風味を味わえるように、甘みなどは足さず、それぞれの素材の味わいや食感をそのままに使用しています。お好みで、はちみつやシナモンを絡めるなどアレンジをしてみてください。

旬な食材と好相性。



旬な食材「新麦」

9月8日解禁!
西尾製粉 ゆめあかり 2.5kg
愛知県産の新しい小麦品種「ゆめあかり」を100%使用。
小麦の持つ風味を活かすため、ふすまの近くの部分まで入れたロング挽きの小麦粉です。食パンから菓子パンまでオールマイティにお使いいただけます。
黄色みがかっていて、焼き上がりのパンに甘味が出るのが特徴です。

秋の旬“くり”を楽しむ

栗の産地として有名な岐阜の名菓「栗きんとん」をマロングラッセを使ってアレンジしました。
マロングラッセとマロングラッセを浸けていた香りの良いシロップを使う事によって、濃厚な甘みと栗の芳醇な風味が凝縮された贅沢な仕上がりになっています。
一瓶のマロングラッセだけで作ることが出来る手軽さも魅力です。ぜひ、ぎゅっと詰まった栗の旨味と香りを存分にお楽しみください。

▼レシピ使用アイテム▼

秋の旬“いも”を楽しむ

アイテム
さつまいも乱切りSサイズ HOLUS 500g
カット済みで便利な冷凍さつまいもです。
低農薬で栽培されたベトナム産の「紅あずま」を収穫後、ひとくちサイズの乱切り状にカットし急速冷凍しています。
存在感のある大きさと自然な甘さなので、メイン素材や総菜などの調理にも最適です。
ご家庭でも使い切りやすい便利な500gサイズです。

秋の旬“かぼちゃ”を楽しむ

秋の旬“新麦”を楽しむ

麦を味わう
契約農家から直接仕入れたミナミノカオリを100%使用した、九州産有機強力粉です。
製粉工程の一部に石臼を使用して、熱をなるべくかけない伝統的な製法を用いることで、きめ細かく仕上げており、小麦の香りや味わいを存分に味わえます。

初回購入者特典!

ママパン的カンパーニュの説明書

カンパーニュみたいに大きいパンは、焼いてみたいけど食べきれるかな。。。どういう風に食べようかな?
そんな不安や疑問を解消するカンパーニュの説明書をご用意しました。
保存方法や切り方での楽しみ方など、あなた好みを探すヒントの詰まった説明書です。

※こちらは購入者限定です。
二次元コードでの配布になりますので、ご希望の方は商品をお買い求めください。

秋を楽しむ“新商品”

おいしい秋、
見つけませんか?

「つくる責任・使う責任」このような取り組みをがSDGsの目標の1つに掲げられています。
持続可能な方法で生産して、責任を持って消費していきましょうという項目です。
作りすぎて余ったパンや材料は、新しい料理に変身させて食べきる事も、もちろん良い方法ですが、「おいしく食べきる」その為に工夫をすること、それもサステナブルな行動ではないでしょうか?
今まで通りに手作りを楽しみながら、おいしいが長く続くそんなママパン的なアイデアをご提案します。

ご家庭で作られたパンを冷凍して、翌日以降にも食べられる方は多いのではないでしょうか?
冷凍保存をすることで、美味しさを損なわずに保存できることはご家庭にとって大きなメリットですよね!
パンも冷凍することで好きな時に美味しいパンが食べられますが、単に冷凍する・焼き直すだけでは、パンから水分が抜けてしまいパサパサなんてことも。。。
今回は新レシピも登場した「バゲット」と、ご家庭でのパンの定番「食パン」のリベイク方法をご紹介!
手作りのパン・ご購入されたパン、ともに最後まで美味しく食べることがフードロスなどの取り組みの1つに繋がります。
せっかくのパンを最後まで美味しく、楽しみましょう♪

How to リベイク

ケット

リベイクのPOINT

小分けにカットしてから、1つずつラップなどで包み、ジップロックなどの密閉容器に入れてから冷凍してください。

お召し上がりになる10~20分前に冷凍庫から出し、自然解凍してください。

トースターを200℃で予熱(3分程度)し、200℃のまま約2~3分程お好みに合わせて、リベイクしてください。
パン

リベイクのPOINT

・食べる分ごとにスライスして1枚ずつラップなどで包み、ジップロックなどの密閉容器に入れてから冷凍してください。

・薄めの食パンの場合、解凍は不要です。

・厚みがある場合は、自然解凍をおすすめします。

・トースターを200℃で予熱(3分程度)し、約2~3分程お好みに合わせて、リベイクしてください。

共通のポイント

●1つずつラップなどに包み、密閉容器に入れること!
小分けにすることで解凍時間の短縮につながり、さらに密閉容器に入れることでパンへのニオイ移りや霜がつくことを防ぎます。

●リベイク前に予熱をすること!
予熱をすることで、オーブンが温まるまでの間にパンから水分が抜けるのを防ぎます。
もし、リベイク前にパンが乾燥しているようであれば、霧吹きなどでパンに水分を足すことで美味しくリベイクすることができます。
※ご使用のトースターによって、温度差などがあるので様子を見ながらのリベイクをおすすめします。

おすすめアイテム

秋のイベント“ハロウィン”を楽しもう

レンジレシピ
新麦のきぬあかりと旬のかぼちゃを使った、季節の食材を味わうニョッキです。
丸く成形するニョッキをハロウィン型で抜いて可愛くアレンジ!
クリームソースを紫芋パウダーで着彩したらハロウィンにぴったりなパスタメニューの完成です♪

アレンジ材料

紫芋パウダー

ベルギー産ダークチョコレート

【型】

ハロウィン抜型

ママパンオリジナル「ご褒美パンケーキ」を使って、簡単にできるモンスターパンケーキを作りませんか?
パンケーキにココアパウダーを混ぜ、かぼちゃのフィリングを絞るだけ!
チョコレートなどでいろんな表情をデコレーションしてくださいね♪

アレンジ材料

ブラックココアパウダー

北海道かぼちゃクリーム

ベルギー産ダークチョコレート

ベルギー産ホワイトチョコレート

ハロウィン“新商品”

ハロウィンを楽しむ
レシピ&アイテム集めました。

ママパンシェフ
清水 真樹
ママパン専属のシェフとしてオリジナルのレシピ開発・お客様への技術アドバイスなどを行う。

今回のテーマ

失敗しない
ふわふわシフォンケーキのススメ。
秋が近づくと、あまりの暑さに夏には敬遠していたパンや焼き菓子作りを再開しようかなと思われる方がいらっしゃるかと思います。
新麦解禁に先立って、ママパンでもレシピをご紹介しました「シフォンケーキ」。
卵、砂糖、小麦粉といったシンプルな材料と工程で気軽に作れる事から人気の焼菓子ですが、今回はそんなフォンケーキをふわふわに焼き上げるひと手間についてお話をしたいと思います。
シフォンケーキの一番のポイントは何といっても「メレンゲ作り」です。
卵白の泡立て加減も良い感じで、お砂糖を入れるタイミングもバッチリ!これでメレンゲも完璧!…とはならずに、ここから『キメを整える』という作業を行うことがポイントです。
実は、いい状態に泡立ったと思っていても、実際は大きな気泡、小さな気泡、中くらいの気泡が入り混じっています。そのバラバラな気泡を同じ大きさに整えることで、後で加える粉を混ぜ合わせる際に、気泡が潰れにくくなります。また、大きな気泡が残っていることで起こる、焼き上がりの際の中身の空洞を防ぐことにも繋がります。
これはスポンジ生地などをつくる際も一緒ですので、ぜひ実践してみてくださいね。

SEASONS

RENEWAL

SNS