クルミといちじくの田舎パン 

公開日:2008.08.07  投稿者:ママパンオリジナル
ライ麦粉を配合した生地に、いちじくとクルミを練り込みました。
強力粉を使うので、中は柔らかく、蒸気をかけて焼くので、皮はカリッと仕上がります。

いちじくは、食物繊維やミネラルを多く含む低カロリーなアルカリ性食品で、
栄養価や薬効が高いため不老長寿の果物といわれています。
乾燥いちじくは、凝縮している分栄養素も高く、長期保存ができるため、
季節にとらわれずにいつでも手軽にお召し上がりいただけます。

クルミといちじくの田舎パン : できたよ!レポート 2件

想像よりも柔らかい生地でした。クルミといちじくの組合せ相性良いです。
ピーちゃん様
2018.07.11
3
HBでいちじく、レーズン、アプリコットのライ麦パンを焼きました
会員様
2014.10.11
6
レシピで料理を作ってレポートしよう!

  材料 材料(2個分)  分量  ベーカーズ% 
強力粉(カメリヤ) 255g   85%  
ライ麦粉(アーレファイン) 45g   15%  
インスタントドライイースト金 6g   2%  
6g   2%  
砂糖 15g   5%  
  195g   65%  
無塩バター 15g   5%  
  白いちじく 100g   33%  
  クルミLHP 50g   17%  

作り方

計量・下準備
すべての材料を計量します。
強力粉、油脂は、室温に戻しておきます。

クルミといちじくを4分の1程度の大きさにカットします。
(いちじくは、4〜6cmくらいの大きさになります)
ミキシング
バターといちじく、クルミ以外の材料を入れて、
ニーダーで20分間捏ねます。
※捏ね上げ温度が27℃ぐらいになるように材料の温度を調整しましょう。
夏場など室温が高いとき(28℃以上)は、パンの出来上がりが悪くなるので、
必ず冷水(約5℃)を使い、粉などの材料も冷しておきます。
※冷水は、あらかじめ冷蔵庫で冷した水に氷を入れると手軽に5℃以下に出来ます。
また、冬場など室温が低い(約10℃以下)ときは、ぬるま湯(約30℃)をお使いください。

全体的に生地がまとまってきたら、柔らかくなったバターを入れます。
捏ね始めてから5分を目安にして下さい
グルテンチェック
(副材料投入)
捏ね上がったら、”グルテンチェック”を行います。
写真のように生地をゆっくり引き延ばして、生地が薄い膜状に伸びればOK!
捏ね上がった生地をテーブルに移して、用意しておいたクルミといちじくを混ぜます。
ライ麦の影響で、生地がベトつきますが心配いりません
副材料を巻き込むように生地を折りたたみ、全体的に混ぜます。
(打ち粉をしなから混ぜると、扱いやすくなります)
発酵
クルミといちじくが全体に混ざったら、
離型油やショートニングをぬったボウルに、
表面をキレイに丸めた生地を入れ1次発酵をします。
温度30〜32℃、湿度75%で50〜60分間

生地の大きさが、約2〜2.5倍になれば発酵完了です。
フィンガーチェック
フィンガーチェック”を行い発酵状態を確認しましょう。
(指を生地に差し込んで、ゆっくり抜きます。
跡がしっかり残れば発酵完了です)
分割・丸め
生地を2等分して、表面を張るように軽く丸めます。
ベンチタイム
丸めた生地は、パンマットなどを利用して15〜20分間ほど休ませて、
ベンチタイム”をとります。生地が乾かないように気をつけましょう。
成形
ベンチタイムが終了したら、軽くガス抜きをして生地を丸めます。
表面の生地が張るように丸めましょう。
最終発酵
とじ目を下にして、二次発酵します。
温度32〜34℃、湿度80%で50分程度
焼成前準備
次発酵が完了したら、生地の表面にライ麦粉をふりかけます。
クープナイフで十字に切り込みを入れます。
(そこそこ深めに入れてください)
焼成
250℃で予熱した電気オーブンを200℃に設定します。
庫内に霧吹きを十分にして25〜30分焼成します。
(オーブンによって、温度・時間が異なります)
こんがりときつね色になったら、出来上がりです。
(十分に焼き込むと表面がカリっとします)
あなたもレシピを投稿しませんか? レシピ投稿
お気に入りに追加 印刷する

パンの人気レシピ


[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上