抹茶ラウンド 

公開日:2009.11.01  投稿者:ママパンオリジナル
難易度:   :3時間以上
抹茶はノンカロリーにも関わらず、各種ビタミン、カテキン(タ ンニン)、カフェイン、アミノ酸、フッソ、食物繊維などが豊富に含まれ、美容と健康に有効な働きをします。
そして、煎茶類と違って、茶に含まれる有効成分を少量で無駄なく、体に取り込むことができます。
ここでは、おいしくて身体によく、精神を落ち着かせる抹茶を生地に練り込み、ホワイトとグリーンの2色の渦巻状のパンを作ります。
生地と生地の層の間に、鹿の子大粒小豆を散らして和菓子風のパンに仕上ました。

抹茶ラウンド : できたよ!レポート 1件

優しい甘さで美味しかったです(*^^*)
ゆきみ95様
2015.06.12
4
レシピで料理を作ってレポートしよう!

  材料 合わせトヨ型 1本分  分量(比率) 
強力粉(カメリヤ) 300g(100%)  
インスタントドライイースト金 4g(1.3%)  
6g(2%)  
砂糖 12g(4%)  
  脱脂粉乳 6g(2%)  
  204g(68%)  
ショートニング 12g(4%)  
     
抹茶パウダー 3g(1%)  
  水(抹茶の溶水) 10g  
     
  鹿の子大粒小豆 100g  

作り方

捏上げ ショートニング以外の材料を入れて、マイコン粉ねり器で20分間捏ねます。
捏ね上げ温度が27℃前後になるよう材料の温度を調節して下さい。


全体的に生地がまとまってきたら、柔らかくなったショートニングを入れます。(捏ね始めてから5分を目安にして下さい)


生地が捏ね上がったら、生地を1:2の割合に分割します。


小さい方の生地に抹茶のペーストを練り込みます。(抹茶のペーストは、抹茶パウダーと水を練り合わせて作ります)


生地を折り混ぜるように、抹茶のペーストが全体に混ざるまで手捏ねします。
一次発酵 離型油やショートニングをぬったボウルに、表面をキレイに丸めた生地を入れ1次発酵をします。(温度30〜32℃、湿度75%で50〜60分間)


生地の大きさが、約2〜2.5倍になれば発酵完了です。”フィンガーチェック”を行い発酵状態を確認しましょう。(指を生地に差し込んで、ゆっくり抜きます。跡がしっかり残れば発酵完了です)
成形 生地を丸め直して15分ほど休めた後、白い方の生地をめん棒で約30cm×幅18cmに伸ばします。(生地は一度に伸ばさず、少しずつ広げましょう。)


抹茶の生地もめん棒で約22cm×幅18cmに伸ばします。(生地は一度に伸ばさず、少しずつ広げましょう。)


定規ではかって、寸法を調整してください。(規定の寸法で巻き込むときれいな渦巻き状の層ができます)


白い方の生地に鹿の子大粒小豆を散らします。


その上に抹茶の生地を重ねます。(抹茶の生地は、手前に寄せて重ねてください)


更に抹茶生地の上にも鹿の子大粒小豆を散りばめます。


手前から巻き上げます。(巻き始めはしっかり、後は転がす程度で)


巻き終わりを摘んで、しっかりとじます。
少し転がして、かたよりをなくします。


トヨ型に入れます。(長さは、少し短い目にした方が発酵が完了した時に丁度良い長さになります)
最終発酵 温度34〜36℃、湿度80%の発酵室で2次発酵を行います。(40〜50分間)
焼成 生地の膨張でトヨ型が開かないように金具を差し込みます。


250℃で予熱した電気オーブンを220℃に設定して、30〜35分焼成します。(オーブンによって、温度・時間が異なります)


焼き上がったら、型ごと生地にショックを与え、出来上がりです

備考

所要時間:約3時間20分
あなたもレシピを投稿しませんか? レシピ投稿
お気に入りに追加 印刷する

パンの人気レシピ


[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上

[ママパンオリジナル]
難易度:
:2時間

[ママパンオリジナル]

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間

[ママパンオリジナル]

[ママパンオリジナル]
難易度:
:3時間以上
おすすめレシピ
  • 抹茶クリームパン
  • 抹茶ミルクシフォン
  • 濃い味抹茶ゼリー
  • グレープフルーツデニッシュ
  • 簡単マンゴームース

ママの手作りパン屋さんMAMAPANでは、高度なSSL技術により、お客様の個人情報やご注文を暗号化し送信いたしますので、ご安心してご利用ください。