ベリーベリーシュトレン(シュトーレン)

難易度 ★★★☆☆☆中級者(基本をマスターし、アレンジもできる)
所要時間 3時間以上

日ごとに生地がなじみ、おいしさが深まっていく焼き菓子です。
ピスタチオやドライフルーツをたっぷりと混ぜ込み、しっとりと焼き上げました。
バターを使用せず、マーガリンを使用することで食べやすいシュトレンになります。

公開日:2012年3月17日

材料 材料 (1本分)

材料名 分量
【中種】
40g
2g
牛乳 40g
 
【本捏】
66g
26g
2g
20g
マーガリン 66g
ローマジパン 20g
漬け込みフルーツ 160g
16g
 
【焼成時】
牛乳 適量
 
【仕上げ用】
マーガリン 適量
適量
粉糖 適量

※季節商品や販売していない商品も含まれるため、一部の商品はカートに入らない場合があります。

check
チェックした材料をまとめて
カートに入れる

作り方 作り方

  1. 下準備
    ・粉類、ローマジパン、マーガリンは、室温に戻しておきます。

    【中種】
    ・牛乳を温めておきます。(約27℃)

    【本捏】
    ・ピスタチオをローストしておき適当な大きさにカットしておきます。(130℃のオーブンで約20分)
    ・本捏に使用するマーガリン、砂糖、塩、ローマジパンをボウルに入れ、混ぜておきます。・・・[A]

      基本のシュトレン(シュトーレン)
    ・漬け込みフルーツを作っておきます。

    ●今回使用した漬け込みフルーツの配合
    ドライストロベリー 500g
    ドライチェリー 250g
    ドライクランベリー 250g
    ドライリンゴ 500g
    ダークスイートチェリー 260g
    ドイツキルシュ45° 200g
    トックブランシュ フレーズ 50g(お好みで)

    全ての材料を合わせ、お酒に漬け込んでおきます。
    3週間以上寝かせると味がまろやかになります。

    漬け込みフルーツの詳しい作り方は、 自家製漬け込みフルーツ特集をご覧ください。

    自家製漬け込みフルーツ特集

    【焼成時・仕上げ】
    ・牛乳を温めておきます。
    ・マーガリンを溶かしておきます。
    ・砂糖を混ぜ合わせておきます。(グラニュー糖:粉糖=1:3)

  2. 【中種】
    温めておいた牛乳にイーストを入れ、溶かします。
    その後、準強力粉を入れ、ゴムベラなどを使い混ぜていきます。
    混ざったら、ラップをして温度27℃、湿度70%で30分発酵させます。

      基本のシュトレン(シュトーレン)
      基本のシュトレン(シュトーレン)
  3. 【本捏】
    中種と[A]を混ぜていきます。
    混ざったら、準強力粉と薄力粉を入れて混ぜます。

    【シェフのワンポイントアドバイス】
    シュトレンにはバターを使用することが多いですが、今回は軽めに仕上げるため、マーガリンを使用しています。
    本捏では、しっとりとした口どけのよい生地にするため、全体が混ぜ合わさるぐらいに軽く混ぜてください。
    この工程で生地をよく捏ねた場合、グルテンが形成されますのでふっくらとした生地に仕上がります。

      基本のシュトレン(シュトーレン)
      基本のシュトレン(シュトーレン)
    全体が混ざったら、漬け込みフルーツとピスタチオを混ぜます。
    ボウルに移して、温度27℃、湿度70%で40分発酵させます。

      基本のシュトレン(シュトーレン)

  4. 成形
    生地を丸く整えて、平たくします。

      基本のシュトレン(シュトーレン)
    生地の真ん中を麺棒で押してくぼみをつけ、手前から生地を折り、真ん中のくぼみにあわせます。
    手前にある生地を麺棒でおして中心が高くなるようにします。

      基本のシュトレン(シュトーレン)
      基本のシュトレン(シュトーレン)
      基本のシュトレン(シュトーレン)
    天板にのせて、温度27℃、湿度70%で30分発酵させます。

  5. 焼成
    発酵が終わった生地に、温めておいた牛乳を刷毛で塗ります。
    塗り終わったら、200℃で予熱した電気オーブンに入れ、190℃で約40分焼成します。
    ※オーブンの機種・小麦粉等の違いにより焼き上がり時間・焼き上がり方は異なります。お持ちのオーブンに合わせて、温度や時間を調節してください。
    ※焼成の際、表面が焦げてくるようでしたらアルミホイルなどを被せて焦げないようにします。

      基本のシュトレン(シュトーレン)

  6. 仕上げ
    焼成後すぐに、溶かしたマーガリンにくぐらせてコーティングをし、バットなどに移して粗熱をとります。
    ある程度粗熱がとれたら、ラップをして1日休ませます。
    1日休ませたものに、溶かしたマーガリンを刷毛で塗ります。
    その後、合わせておいた砂糖をまぶし、ラップに包んで全体になじませます。

    【シェフのワンポイントアドバイス】
    焼成した生地は、1日休ませることによってよく味がなじみます。
    コーティングで使うマーガリンや砂糖は、少し多めの分量でしていただくと仕上がりが綺麗になり、作業効率も良くなります。

      基本のシュトレン(シュトーレン)
      基本のシュトレン(シュトーレン)

  7. 完成

      基本のシュトレン(シュトーレン)

備考

レシピ作成者:Sugie、photo:Yamada
所要時間:3時間(仕上げ時間:2日、フルーツの漬け込み:3週間以上)

▼おすすめコンテンツ▼

できたよ!レポート できたよ!レポート

  • できたよ!

    2015年3月5日

    美味しい!

    おいしそう! 3

できたよ!レポート 1件

\できたよ!レポートを投稿しませんか?/

できたよ!レポートを投稿する
close

できたよ!レポート

close

みなさんからのレシピ

ご自慢の料理レシピを投稿しませんか?
掲載されたレシピには最大300ptを進呈いたします!
みなさんからのご投稿をお待ちしております!

  • レシピ投稿にはログインが必要です。
  • ポイントは掲載が決まり次第、進呈いたします。

人気レシピ(パンのレシピ) popular

  • No.1
    基本のKEY レーズンの下処理

    ママパンオリジナル

    難易度★☆☆☆☆☆
    1時間以内
  • No.2
    基本のサワー種(ライサワー種)~ライ麦と水のみで作る自家製酵母~

    ママパンオリジナル

    難易度★★★☆☆☆
    3時間以上
  • No.3
    基本のKEY もっちりきめ細かい米粉パン~ミキシング 生地のなめらかさの見極め~

    ママパンオリジナル

    難易度★★☆☆☆☆
    2時間
  • No.4
    基本のKEY バゲット(ディレクト法)~フランスパン生地の棒状成形~

    ママパンオリジナル

    難易度★★★★☆☆
    3時間以上
  • No.5
    基本のKEY コッペパン~クッペ成形~

    ママパンオリジナル

    難易度★★☆☆☆☆
    3時間
  • No.6
    基本のKEY くるみの下処理

    ママパンオリジナル

    難易度★☆☆☆☆☆
    1時間以内
  • No.7
    基本のKEY きめ細かくしっとりとした食感の角食パン(プルマンブレッド) ~U字成形~

    ママパンオリジナル

    難易度★★★☆☆☆
    3時間
  • No.8
    基本のKEY クロワッサン~シートの折り込み・巻き上げ成形~

    ママパンオリジナル

    難易度★★★★☆☆
    3時間
  • No.9
    基本のKEY カレーパン ~フィリングの包み込み~

    ママパンオリジナル

    難易度★★☆☆☆☆
    3時間
  • No.10
    基本のKEY 蒸しパン ~蒸し器の代わりにお鍋で~

    ママパンオリジナル

    難易度★☆☆☆☆☆
    1時間以内