お子様と過ごす手作りの七夕

キラキラしていたり星の形をしていたり……
作って楽しんだ後に、星を見ながら一緒に食べるのもお楽しみ。

Generic placeholder image

7月7日はお子様と一緒に手作りを…

今年はどんな七夕を過ごされますか?
お子様と一緒に…。大切な人と2人で…。みんなで集まってパーティー…。
笹の葉にお願い事を書いた短冊や折り紙で作った飾りをつるしたり ママパンでは短冊型のクッキーやキラキラした星型クッキーなど、七夕にピッタリなお子様と一緒に作れるかんたんお菓子を提案します。
一緒に楽しく作ってみませんか?
ぜひ、手作りを通してお子様の成長を見守ってください。

見た目にも涼しげな
手作りお菓子で七夕を盛り上げよう★

NEW バタフライピーのレアチーズケーキ

七夕にぴったり!夜空に輝く天の川を、深い青色のバタフライピーゼリーと金箔で表現した、大人も子供も食べやすい定番のレアチーズケーキです。

七夕に作りたい
ぴったりなレシピ♪

七夕短冊クッキー
~願いを込めて~

願い事を書いた、七夕のイベントにピッタリの短冊型のクッキーです。 笹の葉に吊るしたり、願いを込めて食べるなど、七夕に大活躍。 生地に好きな願い事を書いたり、イラストを描いたり、お子様と一緒にお楽しみいただけます。

星のステンドグラスクッキー
~キラキラ飴仕立て~

カラフルでぷっくりした飴と、角が取れてちょっと丸いフォルムが可愛らしい、ステンドグラスクッキーです。 シンプルなクッキーとキラキラと光沢のある飴のコントラストがとてもキレイです。

ミルキーウェイ~天の川~

天の川をイメージした、可愛いゼリーをトッピングしたデニッシュです。さっくりしたデニッシュと弾力のあるゼリーが相性抜群で、涼しげな見た目とラムネあんの爽やかな酸味は、サマーバレンタインにぴったりです。

琥珀糖

寒天から作られる、日本の伝統的な和菓子です。透明感のある美しさから『食べる宝石』とも言われています。アメのようなシャリシャリした表面と、ゼリーのようなぷるぷるとした中身。なんともいえない不思議な食感をお楽しみいただけます。

スターブレッドを使ったラスク

夜空に瞬く星をイメージした、星型のラスクです。野菜パウダーやココアパウダーを練りこんで、彩り鮮やかなラスクを作ってみてはいかがでしょうか。プレゼントとしてもオススメです。

型抜きクッキー

シンプルな型抜きクッキーも、にっこり笑った抜き型を使うととってもかわいい仕上がりに!色々な形の抜き型を使えば、クッキー作りがもっと楽しくなります。

Generic placeholder image

七夕とそうめん

平安時代、そうめんの原型とされる索餅(さくへい)が『(旧暦の)7月7日に索餅を供えると無病息災によい』と言われ7月7日の七夕の儀式の供えられたといわれています。 また、そうめんの流麗な姿がまるで天の川のように見えることから、今でも七夕にそうめんを食べるようになったともいわれています。
※諸説あります。

はるゆたか手延素麺

北海道を代表する小麦「はるゆたか」を100%使用し、小豆島伝統の手延べそうめん技術で作られた、香りが良く腰の強い素麺です。「ほのかでやさしい味、喉ごしなめらか、繊細でしとやかな味わい」が特徴です。

黄金の大地 まるごと有機そうめん

化学肥料や農薬などを使わず、3年かけて土から育てる「有機農法」で作られた、環境にもやさしい有機JAS認定の乾麺です。高品質な有機小麦を胚乳ごと粗挽きにし、そのまま使用することで、小麦本来の旨みを捨てることなくまるごと活かしました。

七夕とは

七夕の由来

昔、夜空に輝く天の川の近くに天の神様が住んでいました。神様には、織姫(おりひめ)という女の子がいました。織姫は機織り(はたおり)の仕事がとても上手でした。 織姫が年頃になったころ、神様は織姫に結婚してほしいと考え、花婿になる相手を探しました。
しばらくして、彦星(ひこぼし)という青年を見つけました。彦星は天の川の岸で農業の仕事している働き者でした。 天の神様は織姫と彦星を引き合わせ、二人はひと目で恋に落ち、結婚しました。
結婚後も二人はとても仲良くいつも遊んでばかりで、やがて仕事をしなくなりました。
それを知り、怒った神様は二人をこらしめようと、天の川をはさんで、織姫と彦星を離れ離れにしてしまいました。 織姫は彦星と離れ離れになってしまい悲しみで毎日泣いて暮らしていました。
泣いてばかりの織姫を天の神様がかわいそうに思い、一年に一度の7月7日だけは彦星と会うことを許しました。
それから、二人は7月7日を待ちわびながら一生懸命、仕事に励むようになりました。

Generic placeholder image

短冊の由来

機織りや裁縫の上達を願っていたものが、芸事、書道の上達なども加わったことが始まりとされています。 また、笹に願い事を書いた短冊を下げて飾る七夕飾りは、寺子屋学んでいた子供たちが、習字が上達するようにと短冊に書いたのが始まりとされています。 短冊が「青、赤、黄、白、黒(紫)」の5色になっているのは、「この世のすべてのものの根源である」と意味を表す「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒(紫)=水」とされています。

ステキな思い出を
残しませんか?





\ ママパン公式SNS /

季節のパンやお菓子の試作風景のオフショットなど…。
ちょっぴりおしゃれな写真をUPしています。
是非のぞいてみてください!

七夕には、#七夕 #七夕ごはん #サマーバレンタイン #七夕ケーキ などの人気タグがいっぱい!
ご投稿の際には、ぜひ #ママパン を付けてくださいね!
皆さまの七夕、手作り投稿を楽しみにしています♪

こちらもオススメ♪

SNS